株式会社谷内技研

お知らせ

  • 2019.05.21

    ホームページを新規開設いたしました。

事業内容

プレス金型設計製作

紙に描かれた製品図面から、金型をCAD(Computer-Aided Design)を使って設計します。通常は加工公差±0.05程度の製品を手がけています。

詳細

NC細穴放電加工

独自に構築したノウハウにより、より真直ぐにより早く加工を行います。NC座標自動転送により座標ミスがありません。
 

詳細

ワイヤーカット放電加工

最新鋭の設備導入(ALN400G)により、錆、電触等の瑕疵が少なく、より正確に加工することができます。
 

詳細

NCフライス加工

NC加工により、精密で複雑な加工にも迅速に対応します。ワイヤーカット放電加工機とのコラボレーションにより、幅広い加工にも対応することができます。

詳細

プレス金型設計製作

谷内技研ならではの強み

豊富な加工経験とCADに構築されたデータを生かし迅速に、正確に設計します。

CADで設計された図形は、CAMにより正確な加工データとして機械に送り込まれます。NC工作機械により、データ通りに熟練した技術者が知識と経験を生かし、精密に加工を行います。他のCADデータで製品図を受け取ることもできます。(dxf、dwg、 3digs等)紙データのトレース(CADデータ化)もお引き受けします。治工具の設計、製作依頼も歓迎します。

金型設計システム(2D、簡易3D、2.5DCAM):EXCESS-Hybrid(C&Gシステムズ)

  • プレス金型設計製作1
  • プレス金型設計製作2
  • プレス金型設計製作3

NC細穴放電加工

設備紹介 >

谷内技研ならではの強み

1. 座標データをCADから直接転送
NC細穴放電加工1

(例) ハート形状に並んだ100個の座標を直接工作機械に転送します。

細穴放電加工とは:電気による微小な火花を1秒間に数百回以上起こすことで素材に細い「穴」を開ける加工技術です。NC(Numerical Control Machining)による細穴放電加工を行っています。CADから直接座標を転送するため、大量の座標データも間違えることなく正確に加工することができます。

2. 厚い素材にも強い
NC細穴放電加工2

弊社独自の研究により、通常は複数個に分割していた部品(100ミリ超)に一気に穴を開けることができます。

※通電性のないワークは加工することはできません。

ワイヤーカット放電加工

設備紹介 >

ワイヤーカット放電加工の仕組み

ワイヤーカット放電加工では、下図のようにワイヤーに電流を流し、二次元的に素材を切断します。最新鋭の設備導入(ALN400G)により、錆、電触等の瑕疵が少なく、より正確に加工することができます。

↓下の図をタップしてください。

ワイヤーカット 電流が震えている
図形を表示するには、canvasタグをサポートしたブラウザが必要です。

※通電性のないワークは加工することはできません。

NCフライス加工

谷内技研ならではの強み

実に様々な刃物工具を管理されたツーリングに正確に取り付け、1加工単位毎に心を込めて加工します。加工ソフトはCAMを使用して瞬時に起こすことができますが、素材は皆同じ訳ではありません。熟練したオペレーターが素材の癖を見抜き、時によっては加工順序を変えたり、より適した条件に変更しながら作業を進めます。NC加工により、精密で複雑な加工にも迅速に対応します。ワイヤーカット放電加工機とのコラボレーションにより、幅広い加工にも対応することができます。

製作事例

機械と経験+αで付加価値を高めます!

谷内技研で開発した省力機械のモデルケースを動画でご紹介します。業務効率改善のための機械を入念なご相談により、ご提案の上、設計・製作いたします。

下の動画にある機械は、谷内技研が実際に設計から納品に至るまでオーダーメイドで製作した「省力機械」です。

お客様のご要望に応え、試験紙を手作業で一定間隔に切り続ける手間のかかる作業を、この一台で自動化いたしました。操作ボタンは2個しかありませんが、押し方によって一回のカットと連続カットとを切り替える機能を実現しています。

ご相談は内容によっては有料となります。

経営理念

谷内技研の事業を支える4つの経営理念をご紹介します。

正確

お客様のお悩みや
ご要望を正確に捉え、
解決します。

精密

豊富な加工経験と工作機械の
適切な維持
により、
精密な加工を実現します。

迅速

効率的な生産体制によって、
迅速に製品をお届けします。

丁寧

製品は真心を込めて丁寧に扱います。
や瑕疵の少なさが売りです。

設備紹介

  • NC細穴放電加工機

    NC細穴放電加工機

    三菱電機社製 MEMH8N
    ストローク: 300 × 200 × 200
    保有電極:φ0.3, φ0.4, φ0.5,
    φ0.8, φ1.0, φ1.5, φ2,0, φ3.0

  • ワイヤーカット放電加工機

    ワイヤーカット放電加工機

    ソディック社製 ALN400G
    ストローク: 400 x 300 x 250
    使用電極:φ0.2

  • 操作フライス盤
    操作フライス盤

    マキノフライス社製 KE55
    ストローク: 550 x 320 x 350

  • 成型研磨機
    成型研磨機

    黒田精工社製 GS-BM3L
    ストローク: 580 x 200 x 40~375 (at φ180)

  • CAD, CAMシステム
    CAD, CAMシステム

    C&Gシステムズ社製EXCESS-Hybrid
    金型設計システム(2D、簡易3D)
    読込みが可能なファイル形式:
    .excad, .pls, .dxf, .dwg,
    2D .igs, 3D .igs, .stl 他

会社案内

会社概要

会社名 株式会社 谷内技研
設立 2006年 2月2日
資本金 1000万円
所在地 〒144-0044
東京都大田区本羽田2丁目12-1 テクノWING307
事業内容 1.金型及び金型部品の設計、製造及び販売
2.省力機器の企画、設計、製造及び販売
3.プレス加工品の設計、製造及び販売
従業員数 2人
取引銀行 さわやか信用金庫 糀谷支店
日本政策金融公庫中小企業事業、国民生活事業
三菱UFJ銀行 羽田支店、横浜支店、蒲田支店
主要
取引先
株式会社六合製作所、株式会社シン・コーポレイション、
大同DMソリューション株式会社、横浜ゴム株式会社、他

アクセス Access

アクセスマップアクセスマップ
  • 電車でお越しの方
    ・京急線糀谷駅より徒歩15分
  • バスでお越しの方
    本羽田2丁目停留所より徒歩5分
    萩中停留所より徒歩7分
  • By Train
    ・15mins walk from Kohjiya Station
  • By Bus
    ・5mins walk from Hon-Haneda 2-Chome Bus Stop
    ・7mins walk from Haginaka Bus Stop
Google Maps

まずは谷内技研まで
お問い合わせを!

製作のご依頼、お見積り、ご相談など、柔軟に対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

沿革

  • 2006年 02月

    有限会社谷啓製作所の金型事業部を分社化する目的にて法人登記

  • 2006年 03月

    株式会社谷内技研として創業開始

  • 2007年 11月

    資本金を1000万円に増資

  • 2015年 09月

    本社工場を大田区経営のテクノWINGへ移転

  • 2018年 05月

    ワイヤーカット放電加工機(ALN400G)導入